私ってダメ母だなと落ち込む…

 

どうも、みきこです!

皆さん、「すくすく子育て」というNHK番組は好きですか?

 

「すくすく子育て」って?

Eテレで毎週土曜9:00~9:29放送中、育児情報番組です。

 

0歳~6歳ぐらいのお子さんががいる家族がスタジオに来て、
リアルな子育ての悩みを専門家にアドバイスしてもらう、という内容です。

 

世の中のママが「そうそう分かる」とブンブン首を縦に振っちゃう
ありがちな悩みを取り上げているので、すごく参考になります。

スポンサーリンク

すくすく子育てを見れなくなった経由

最初は毎週録画して見ていました

私には小さい子供が2人います。

上の子が生まれたばかりの頃、

初めての育児で何も分からず不安でした。

ネットやテレビの情報が教科書。

それが正解なんだと思い込んでました。

 

すくすく子育ても教科書のひとつでした。

 

タイトルに「子育て」が入ってるならと
番組表で見ただけで決めた毎週録画。

 

私が見始めた当時はくわばたりえさんが司会。

くわばたさんは一人で泣いたり怒ったり、

常に情緒不安定で
「育児ノイローゼなんじゃ…?」とガチの心配をしちゃう感じも面白くて楽しみのひとつでした。

 

 

今は優木まおみさんとアンガの山根さんに変わりましたね。
ではここで、同じ母である優木まおみさんをご覧ください。

 

画像元 「留学で英語とチャレンジ精神を学びました」

 

 

敗北感!!!

 

 

さて。

楽しみにしていた「すくすく子育て」でしたが
いつしかイライラする番組になり、見るのを止めました。

子育てのイライラを解消する番組なのに。

 

「すくすく子育て」は
私にとって落ち込む原因になっていきました。

出てるママがみんな優しい

悩みを相談しにスタジオに来ているママ達。

自宅の様子や実際の状況をVTRにまとめ、

それを見ながら先生にお話し伺っていきます。

 

出演されてるママ、みんな、とっても優しいんです。

 

子供への接し方が丁寧で、

イライラを上手く抑えて、子どもにちゃんと合わせてる。

優しい。鑑だ。そんな人ばっかり。

 

「私はこんなに優しく接してあげられているかな・・・」

 

いつしかお悩みより、ママの子供に対する態度ばかり目につくようになっていきました。

答える先生の正論が正論すぎて、嫌

優しいママの悩みなんて…

とひがみの目で見る私は
切羽詰まってる様に思えなくなり、心に響かなくなりました。

 

 

「心配しなくても親孝行な大人になるわ!なんとかなるわ!!」
と突っ込み。


(病んでますね)

 

しかも先生も、きちんと回答するし。(当たり前です)

 

その回答がまた………

更に上を行く優しさでアドバイスするんですよね。

 

例えば。

 

孫に甘い祖父母にほめられ、私にもほめられ・・・。

周りがほめすぎて、甘やかしになっているのではないかと心配です。

もっとメリハリのあるほめ方にしたほうがいいのでしょうか。
良いほめ方があれば教えてほしいです。
(1歳6か月の男の子を持つママより)

回答:大豆生田 啓友さん

ほめるときは、自然体がいいですね。

子どもにとっては、自分のやっていることを認めてもらう、共感してもらうことが大事なのです。
(省略)

例えば、おいしそうにご飯を食べていたら、

「おいしかったね」と声をかけてあげるなどのように、

子どもの思いをくみ取ってあげることが、良いほめ方につながるのではないかと思います。

貼り付け元 すくすく子育てホームページ

 

 

( ˙-˙ )

 

 

もはや言葉出ず。

↑こんな顔して聞いてました。

 

こんなやりとりで30分過ぎます。

 

「みんな褒め方で悩むんだ…。

そういえば私、褒めてあげられてる?…怒ってばっかりかも…」

 

と、完全に落ち込みました。

怒ると叱るは違う。そんなの分かってる!

「子供に共感してあげる事が大切」

先生がよく使っている言葉です。

 

ダメな事をしても、まず共感してあげて、注意する。

促す。
感情的に怒ってはいけない。
叱ると怒るは違う。

 

 

もうね。

 

 

頭で分かっているんです。

親のイライラをぶつけちゃいかんって。

 

分かってても出来ない!!

 


怒ってる時は感情的になってしまいます。

泣きやまずワガママ

ばかり言う我が子に手をあげてしまった日もありました。

怒鳴りつけて、恐怖で言う事を聞かせようと思う日も…。

泣き顔見て、はっとするんです。

小さい肩震わせて汗かきながら必死に泣いてる我が子…

 

こんな顔が見たいんじゃないのに。

 

「ごめんね」って強く抱きしめても、

気づけば次の日もイライライラ。

上の子が生まれて、2歳くらいがピークに行き詰ってました。

イライラしすぎて私ヤバいんじゃないかって思ってました。

 

更に浮かぶ、優しいママの像。

 

 

 

自信無くしました。

だから、見るのをやめた!

食事、生活リズム、心の発達。

皆こうしてるから、

自分の子も同じようにしなきゃ!と焦ってしました。

 

 

「野菜食べなきゃだめでしょ!」
「テレビばっかり見ちゃダメ!」
「早く寝なさい!」

 

当時の私の3大怒鳴り。

 

 

何でも「やだ」と言いたい月齢だったので、
優しく諭しても出来ない方が多く
「他の子は出来てるのに…」と焦りも加わり、イライラ。

 

結局、感情的になってしまう、最悪の展開でした。

 

負の感情から逃げたくて、
1回何もかも気にしないと決めました!

ついでに、ネットで調べるのもやめました。

 

 

元気に育ってくれたら良い!
周りに何思われてもいいや!

 

 

やっと、肩の力が抜けて、笑顔が戻ってきたと感じました。

でも減らないイライラ…

※実はこの話、「すくすく子育て」を見ない方が良いという内容ではありません。
この後、また見始めます。
もう少しお付き合いください。

 

笑顔が戻ってきたからといって
イライラはそんなに減りませんでした。

 

2歳を過ぎると、どんどん本格的な反抗期になっていく上の子。

私の心は狭くなっていくばかり。

 

克服したと思っても、別のイライラがやってくるのです。

 

イライラばかりのママで、子供もよく泣いていました。

やっと笑えたと思ったら、また笑顔が減っていく。

 

あの頃が育児で一番しんどかったです。

 

 

「四葉を探す少年四葉を探す少年」のフリー写真素材を拡大

「大きくなったら、息子は私の事……
嫌いになるかな…」

 

と、ボーっと考えては胸が締め付けられ、辛かったです。

気付かせてくれたのは嫌いなあの番組でした

ある日。

NHKをつけっぱなしだったテレビ。

 

気付いたら「すくすく子育て」が始まっていました。

 

珍しく、アニメ以外の番組に夢中になる息子がいました。

子供がいっぱい出ていて、気になったようです。

かなり久しぶりに見たそれは、司会者が変わっていたことに驚きました。

なんとなく、一緒になって見ちゃう私。

 

優木まおみさんが

「真剣に怒るときは、肩をもって目を見て」とか言ってて
「あ~変わってない、この感じw」

とひがみながら、なんとなく見ていました。

 

 

2歳の双子と1歳の弟の3人の子を育てるママが出ていました。

 

「可愛い反面、毎日ケンカ。イライラして怒ってしまいます。
感情的に叱らないようにするには?」

 

 

先生は答えます。

 

「子供の行動には理由がある。(省略)
少し一歩引いた立ち位置になるとそこまで感情的にならずに済むかも」

 

 

その優しい答えに「でたでた」となっちゃう私。

(ひねくれ半端ない。)

 

でもその後の、
もう一人の先生のアドバイスが、胸に刺さったんです。

 

 

長いですが本文すべて載せさせていただきます。

 

 

回答:遠藤 利彦さん

本当に大切なときには、感情が入ってしまうものです。

子どものこころの健康な発達を考えるにあたって、

オープンコミュニケーションという言葉があります。

オープンコミュニケーションとは、

感情的に偏りのないコミュニケーションのことです。

人間は、悲しむこともあれば、怖がること、怒ること、笑うこともあります。

そう考えると、子どもの前ではいつも笑っていましょうというのは、

とても不自然なことですよね。

お母さんもお父さんでも、

怒りがわくこともあれば、落ち込むこともあります。

さまざまな感情があるのが当たり前です。

 

そのさまざまな感情が、

子どもに伝わっていく状況の方がむしろ自然だという考え方です。

そうはいっても、

全体的に、マイナスよりは、

プラスの感情をやや多めにする方が、

お子さんの発達にプラスに働くかと思います。

貼り付け元  すくすく子育てホームページ

 

なんというか、励まされました。

「ママ頑張ってるね」と言われた気がしたんです。

 

子供を受けとめるのにいっぱいいっぱいで、
自分を受け止める事忘れていました。

 

怒ってても、笑ってても、私は私だ!
自分の思うようにやっていこう!

 

ちょっぴり自信が戻ってきた瞬間でした。

自分1人じゃ何も気づけない

それからは、

子供と私の両方の笑顔を大事にすることにしました。

 

私がイライラするとダメなのは十分わかったので、
イライラしたら子供は二の次!

まずは自分のイライラを一番に考えて、自分を大事にする。

甘やかす。

自分が一番かわいいとする。

ご飯食べずに「お菓子食べたい!!」ばっかりの子供にイラっときたら、
もうお菓子あげる。

ついでに私も食べちゃう。

 

それで2人で「美味しいね♡」って言い合う。

「ってこら、美味しいね♡じゃないわ(笑)」って笑うと、

息子も笑う。

 

この方法は私にとって大発見でした。

子供の笑顔が眩しくて、愛しさが増しました。

たったこれだけでイライラが収まってしまう。

 

そしたら笑顔で「お菓子食べ終わったし、ご飯食べよ♪」って言える。

私の笑顔につられたのか、息子も「うん♪」って言ってくれた。

 

大切な事に気づくまで、

2年半かかりました。

 

でも、母歴はまだ2年半なんですよね。

長い人生考えると、今日の出来事なんて些細な事かもしれません。

色んな意見があって左右される子育て論。でも最後は自信を持って自分で選べばいい

嫌いだった「すくすく子育て」
今また毎週録画にしています(笑)

 

「でたでた」と思う事は相変わらずありますが。笑

 

様々なアドバイスがあるけど、
自分が一番納得いく意見を良く聞けばいいです。


そこに自信をもっていいんです。

 

特に子育ては
ママが笑顔になれる方法が一番だと思います。

 

母の笑顔が家族の幸せに直結してる。

もし、子育てにイライラしてしんどいママさんがいたら、
この記事が何かのきっかけになってくれたらなぁと思い書きました。

 

私もきっかけ見つけたばかりです。

 

一緒に頑張りましょうね。

 

いっぱい笑いましょうね。

少しでも力になれるよう、ブログも色々発信していきます。

 

こちらの本も育児の悩みの解決のきっかけに。

くわばたりえさんの時のすくすく子育てが一番良かったな~

 

甘やかししすぎて太った体を絞るのも頑張らねば…
母になるとは試練がいっぱいだ…

 

オススメ記事【マイナス19キロ】産後ダイエットに成功した4つのルール
2017.9.25
産後の食欲恐ろしや どうも、みきこです。 妊娠中~ プラス16kgいったのは~ どこのどいつだ~い? あたしだよ!!!! 写真は臨月の時の私。 今回は産後ダイエットについてです。 自分で書いといて、何とも怪しげなタイトルだなーと思いました。 酵素とかサプリとか、そ...…

 

ではでは。

友達登録お願いします✨

LINE@のお友達を大募集中です!

 

友達登録してくれる方はこちらをクリック▼

 

 

 

スポンサーリンク
▼いま、一番お得な情報はコレ!
☝crickでみきこの記事へ
関連キーワード
子育ての悩みの関連記事
  • 子供2人をお風呂に入れる方法とは?ワンオペ育児&2さい差兄妹の場合
  • 私が11歳の時にアルコール依存症で死んだ母。あなたは私を愛していた?
  • 「すくすく子育て」見てるとイライラする

ママに役立つ情報をtwitterで発信中!

  • 0歳~2歳
    Amazonファミリーがすごすぎる!子育て中にもらえる特典まとめました
    2017年11月18日
  • 3歳~就学前
    オモチャひとつでこんなに成長!本当にオススメしたい知育玩具
    2017年8月22日
  • 子育ての悩み
    私が11歳の時にアルコール依存症で死んだ母。あなたは私を愛していた?
    2017年8月8日
  • あなたの知らない世界
    指の毛を抜く人へ贈る物語~仲間がここにいいるよ~
    2016年5月19日
  • 在宅ワーク
    主婦でも1万円なら自宅で簡単に稼げるよ、という話
    2017年8月28日
  • 0歳~2歳
    熱性けいれんは珍しい病気じゃない!娘も突然始まった
    2017年4月7日
  • ダイエット記録
    痩せ方が分かる!フォローしておきたい8人を紹介【インスタ】
    2017年7月26日
  • 便利なもの
    原因は洗濯槽のカビじゃない!臭いを劇的に変えた3つの洗剤
    2017年7月25日
  • パート
    私の1日の流れを公開!こうやって子育てと仕事を両立させてます
    2017年7月8日
こちらの記事も人気です
プロフィール
数あるブログの中から「ママのレベルが1あがった!」を選んでくださり ありがとうございます! このブログを書いているみきこと申します。 当...